Site Overlay

ペットが過ごしやすい間取り

賃貸マンションを選ぶ際、ペットにとって過ごしやすい間取りというのも重要な要素の1つです。ペットと共生していくことを考えて、使い勝手の良いマンションを選びましょう。

間取りで考慮すべきポイントは多い

まず、洗面所です。多くの方がペット用のトイレをここに配置しています。基本的に掃除しやすい材質の床になっていることがほとんどで、飼い主側の負担も軽減します。

間取りを見る際にはトイレを置くのに十分なスペースがあるか確認しましょう。また、浴室では事故が発生しやすいのでペットが開けにくい扉であることが望ましいです。

キッチンは扉の付いた独立式キッチンが望ましいです。キッチンへの出入りは衛生面の問題だけではなく、事故も起こりやすいことから注意したい点です。独立式ではない場合は、侵入防止のフェンスを置けるスペースがあるか確認しておきます。

ペットの専用スペースは、家族が集まるリビングに用意するのが望ましいです。リビングの中でも、一番静かな場所に置いてあげるのがポイントです。

聴力が優れているため、隣の部屋の音でストレスを感じてしまうことがあります。壁際が推奨されていますが、できれば隣家との境界となる壁以外を選びましょう。

ペットの中でも犬を飼う場合には玄関の広さも重要です。最近では共用スペースに専用の足洗い場を置いてあるマンションも増えました。それがない場合は、玄関にケアをするスペースが確保できるか確認します。玄関に浴室が近いと、よりケアが楽になります。

和室がある場合、基本的にペットを入室させることはできません。畳を傷つけてしまったり、障子などを破られてしまうことが多いからです。間仕切りがしっかりできるか確認しておくと良いでしょう。

また、方角も重要です。南向きの部屋を選ぶ場合、ペットが熱射病になってしまう場合もあります。南側の窓には直射日光を防ぐひさしなどがあるかも重要です。もしない場合は、遮光、遮音カーテンを選ぶのが望ましいです。無駄なストレスをかけないことで無駄吠えも軽減します。

このように、基本的にペットと生活する家では広々としたスペースが重要となります。ペット共生型のマンションか、そうでないかによっても変わります。ペットとの生活をシミュレートしておくのが望ましいです。