Site Overlay

犬の名前ランキング

名前を憶えやすい犬の場合

犬は非常に物覚えがよく、自分の名前もしっかりと認識します。
そのため、ちゃんとした名前を付ける人が多いでしょう。

特に生まれたころからしっかりと名前を付けて認識させることで、しつけもしやすくなって行きます。
飼い犬として育てるうえでも、重要な意味を持ってくるのです。

そんな犬の名前を考えると、いろいろな名前が出てくるでしょう。
それこそキラキラネームなどと呼ばれるようなものもたくさんありますが、認識しやすい名前を付けるとともに、あとから短縮したり変えたりしないようにしてあげることも大切です。
いろいろと変えてしまうと、犬は混乱してしまい、何が正しいのかわからなくなってしまいますので注意しましょう。

ダントツトップになるのがココ

犬の名前でトップだったのは、ココでした。
犬を飼っていない人からするとちょっと意外だったかもしれませんが、オスもメスも実はトップではありません。
その代りに、性別関係なしにつけられている名前で、呼びやすいということもあるでしょう。

犬からすると、ココという名前は混乱しにくいということもあるかもしれません。
短縮形なども作れませんから、はっきりと認識することになるはずです。
2文字で呼びやすいということも、つけやすい名前となっている部分でしょう。

オスの1位を見てみると、レオが数年トップになっています。
2位のソラは、猫の名前でもよく付けられている名前で、どちらも犬猫関係なくりりしさなどからきていることがわかるでしょう。
白い犬だと、ジャングル大帝をイメージするのかもしれませんが、ライオンはネコ科の動物ということは忘れられているのも面白い部分です。

メスの1位は、ダントツでハナでした。
明るく花の咲いた時期にやってきたということもあるでしょうし、女の子らしい名前にしたかったということもあるでしょう。
かわいい名前であるということも重要なポイントになったはずです。

ここでも面白いのが、2位にいるモモでしょう。
猫ではトップに君臨している名前で、猫でも大人気になっているのがわかります。
かわいさもありますが、どこかでやさしさのあるイメージもついているのでしょう。

キラキラネーム的な名前も

ちょっと変わった名前もランクに入ってきています。
犬の場合、猫ほど見た目でつけられないということもあるからでしょう。

総合ランキングで見ると、チョコ、マロン、モカ、コタロウといったところでしょう。
色でとっていることもありますが、キラキラに準じるぐらいの感じもするはずです。

このチョコは、意外に性別関係なしにつけられています。
猫ほど性別を関係なしにつけられにくい部分を持っていますが、見た目ということでは呼びやすいからということもあって、チョコは漬けやすい名前といえるのです。