Site Overlay

与えてはいけない食べ物

犬にはNGな食べ物もある

犬に欠かせないエサやごほうびですが、中に食べさせてはいけない食べ物もあります。
食べてしまうとカロリーの取りすぎになってしまったり、犬の体調が悪くなってしまう可能性があるため注意が必要です。
基本的にドッグフードであればきちんと考えて作られているため問題ありませんが、一般的に販売されている食材を使って食事をさせる場合には必ず確認をする事をお勧めします。
こちらでも食べてはいけない食材をご紹介しますが、これで全てではないので自分自身でも確認をする事が大切になります。

牛肉、レバー、鶏肉、豚肉などの肉類

肉類は基本的にはお勧めしません。
特に生で食べさせるのは絶対に良くありません。
肉類は全般的に生の状態では菌などが繁殖している可能性があり、これを犬が食べてしまう事で犬も菌の影響を受けてしまう事になります。
重大な病気などになる可能性もあるので気をつけておきましょう。
また、牛肉に関しては過熱して食べれば問題ありませんが、他の肉類に関しては過熱をしてもカロリーの取りすぎになったり、鶏肉は骨があるなどの問題点もあり、あまりお勧めではありません。
過熱した牛肉以外はあまりお勧めできないと考えておくと良いでしょう。

たこ、いか、かに、くらげなどの海産物

たこやいかはあまり良くありません。
これらは人が食べても噛みごたえがあり、噛み切りにくい事がある場合も多々あります。
犬にとってもこれは同様の事がいえます。
噛みにくい事に加えて消火も良くないため、消化不良を起こしやすくなります。
また、ビタミンB1という犬に必要な栄養素を壊してしまう性質を持っているため、この点からもあまりお勧めできない食材です。
過熱してもそれは同じなので控えておくと良いでしょう。

かにやくらげなども同様で、消化不良を起こしやすい食材です。
こちらも避けておく方が無難です。

こうした海産物で淡水魚はどうなのかというと、火を通せば大丈夫です。
過熱はしっかりと行なって、寄生虫などを死滅させておくようにしましょう。
ただし、骨が気になる事が多く、犬も内蔵などに刺さってしまうリスクがあります。
細かくすり身にしてあげるのが良いと言えますが、避けるに超した事はありません。
海水魚も淡水魚と同様です。
猫では与える方も多いですが犬の場合は最適な食材とは言えません。
アレルギーを起こしてしまう可能性もあるので、生でも過熱してでも、あまりお勧めではありません。

このように気を付けるべき食材は数多くあり、この他にも気を付けるべき食材は多くあります。
その種類は100種類以上にも上っていますので、事前の確認をしっかりと行ないながら犬の食事を与えていきましょう。